メッシュ GND インピーダンスコントロール基板を薄く

GNDメッシュ,フレキシブルケーブル、薄く製作
 特性インピーダンスコントロールの場合、メッシュGNDにする事により、
    静電容量を小さくする事が出来ます。結果、薄く出来ます。

メッシュGND、薄い基板
特性インピーダンスコントロール基板の場合、通常のベタGNDでは静電容量が多くなり、薄くする事に限度があります。
GNDをメッシュにする事により、静電容量を少なく出来、基板を薄くする事が出来ます。

弊社考案では、基本理論に基づき、第1積の楕円積分関数を使用しており、理論上は正確です。

プリント基板の伝送損失(S21) シングルライン、デファレンシャル等全タイプ 伝送損失

プリント基板、デファレンシャルマイクロストリップライン、伝送損失
高周波の場合、信号損失は大きくなります。 今回銅箔の表面の粗さを考量した計算式を掲載しました。

数学計算は苦手?  関数電卓、エクセル程度で計算出来るレベルですが。
下記は、 簡単数学計算ソフト「カルキング」を使用しています。 体験期間15日又は50回まで無料
学校で習った式の形式のまま入力でき、計算をやってくれます。
その上、作表、表計算、作画、ワープロ機能も 有ります。 価格も低価格ですよ。(3万円チョイ)
近年Sパラメータの測定の相談も来る様になりました。 弊社のお客様で 各種電子部品の特性の測定を
株式会社モーデック
で行っています。
下記リンクが伝送損失計算式です。

インピーダンス測定値の 測定周波数の 補正 信号減衰

2012年1月 電気磁気学理論より、考案
プリント基板のインピーダンス測定で低周波の測定器しか無い場合、
測定値を高周波の測定値に補正出来ます。 
インピーダンス,正確
その他のパータンの場合も殆ど対応可能です。

CoaXPress映像信号高速伝送 国際標準規格に 高周波基板

2011年3月23日 AIA/EMVA/JIIAの3協会間定例会議 で承認
シングル伝送6.25MHzで同軸で40m-100m伝送可能。
弊社では高周波設計、40GHzまでは十分な経験があります。 お任せ下さい。


米国・シカゴで開催されたAutomate2011期間中の3月23日に開催されたAIA/EMVA/JIIAの3協会間定例会議 (G3会議)に於いて、JIIAが2009年より提唱、規格化に取り組んでいたCoaXPress規格が、正式に満場一致で承認され、正式な国際標準規格として成立しました。

コアックスプレス(ジャパン)


プリント基板設計製作    高周波,GHz

基板設計製作

制御盤ソフト

組込ソフト、開発

基板設計見積

インピーダンス手法

中古CAD,修理

事業所概要

相談事例(Q&A)

トップ

多ピンBGA,プリント基板基板設計,製作